2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

一昨晩の大久保水族館の解散ライヴにご来場下さったエヴリバディの皆様!サンキューソウルマッチでした!

 

窮屈な思いや、入りきれず外で寒い思いをさせてしまった皆様すみませんでした!

 

しかしお陰様でソウルスターミウラwithジャスタリルビッツオーケストラ史上最高の集客と演奏ができました!

 

もう少し広い会場でやろうという話もあったのですが、7年間お世話になった水族館で開催することにしました。

 

直前に店長の山さん不在というアクシデントに見舞われましたが、周りの方々の助力もあり無事に解散ライブを開催&終えることができてなによりでした。

 

お集まり頂いたエヴリバディの皆様、メンバー、スタッフ、会場に居た誰一人欠けても成し得ない素晴らしい夜でした。

 

末っ子スターなので愛されていることに無自覚だったりするのですが、今回はさすがに改めて沢山の方々に愛されていたことを思い知らされました。

 

沢山の解散を惜しむ声も頂きましたが、約7年間の活動の中でエヴリバディの中に『何か良いもの』が残せたならそれでよいなと思います。

 

解散理由なんて『そっちの方が面白そうだから。』ぐらいのもんです。

 

ソウル星の格言に『ミュージシャンてのは宇宙の温度を上げる義務がある。』というのがあります。


解散後も私を含めメンバーはそれぞれにより一層、宇宙の温度を上げ、エヴリバディの皆様の体温を上げ続けていくと思うので、エブリバディの皆様、今後とも何卒宜しくお願い致します!

 

思い残すことは余りないのですが、最後に『みうまい棒』を撒き忘れたのだけが心残り(笑)

 

それではまたこの宇宙のどこかで!

 

再結成ライヴは武道館か東京ドームか月面ドームで!
Rock&Roll

 

SOULSTAR MIURA


かつて三重県津市に川喜田半泥子という粋人が居た。

百五銀行頭取であり、陶芸家としての腕もかなりのものだった。

ある日、焼き上がったものの大きなヒビが入ってしまった茶碗を弟子にあげようとしたが、弟子は当然『要らぬ。』と言う。

後日、ヒビに金継ぎを施され『赤不動』という銘をつけられたその茶碗は現在、東京国立近代美術館に収蔵されている。

その金継ぎ部分をトレースしたロクロレコードのレーベルマーク。

失敗作に見えたものが稲妻の光を放つように。

半泥子の粋、豪放さ、朴訥さ、それでいて柔らかさや静けさも兼ね備えた姿勢に倣い。

廻り続ける轆轤に想いを馳せ。

音楽は鳴り止めどRock&Rollは転がり続ける。

Rock&Roll

SOULSTAR MIURA



先週、木曜日の宇宙博39ソウルマッチスペシャル!にご来場下さったエブリバディの皆様サンキューソウルマッチでした!
次回はなんともちろん!40回スペシャル!8/18(木)にRock&Rollな盟友上村秀右率いるイグノランツ、他!を迎えてお贈りしまんす!

その前に7月はヘヴン青山や吉祥寺スターパインズカフェなどお初な箱でのライヴもありまんす!
来てなんす!

☆☆☆

その後、レンタUFOで美味しいピザとベーグルを求めて愛知県の碧南〜西尾をウロウロ。
四日市では心臓をバディガイ仕様からバディホリー仕様にした魂友と会い帰京。

☆☆☆

一昨日は原宿のシーモアグラスでキヨシロに見られながらチョウさんの絵を眺めてきた。

はちみつジンジャーエールを飲んでいたら主催(?)で編集者のミナミヤさんも来場。
ミナミヤさんはいつ会ってもキラキラしたものを見つけた少女のような目をしていて、ミナミヤさんに編集される人は自分がキラキラしたもののような気分になってキラキラしたものを作ってしまうのだろうな。

その後、渋谷アップリンクにJBの映画を見に行く。
JBのライヴ映像と関係者のインタビューで面白くならないわけがない。

クエストラブ先生にササリッパ!のアフロコーム!等々見処沢山。

半年か一年ぐらい前に観たJB映画もよかったなー。
あの事件から始まるやつ。
気がきいている。

ただ若い頃のキレッキレのステップは最高!
やばい。
とくにあのショーでベーシストとドラマーがイタズラを仕掛けたシーン!

来日で観たときはもうイイ歳だったもんなあ。

そういう私は69万41歳の若造です。
Rock&Roll

写真は猫のシーナとホラーなチョコパンとJBと私